忍者ブログ


出たよ!スプラトゥーン2
広がる(゜∀ ゜)イカの輪!?
ジョーシン(`・ω・´)スゲーかも?

モンスターハンター 過去のシリーズではこうだった MH2(dos)




以前、呼び名がどーたらで少し触れた過去のハンター
過去作を個人的に思い返しながらちょいと紹介してみます


モンスターハンターをはじめて遊んだのはMH2(dos)からで
PS2初代から興味はあったものの、オンラインゲームっぽさが受け付けず
当時流れていた「上手に焼けました~♪」のCMを
肉を焼くゲーム・・?と非常に気になりつつも遊ばずでした
それから数年後、何か面白そうなゲームないかなーと
中古ゲームの棚を漁っていると【¥1280】と値札が貼られたMH2が


      モンハンとの出会い

ワゴンのイメージ図
画像がおどろおどろしくなった。。
名前の入った他のゲームに、他意はありません
 
ああ、このゲームって確か肉を焼くゲーム?
最近(当時)流行のスローライフみたいなゲームかな?
オフラインでも遊べそうだし買ってみよう、安いし!
といい加減な知識でなんとなーく購入

MH2が発売されたのは2006年2月で、購入したのは2007年の春ぐらい?だと思います

余りのマゾ仕様っぷり心が折れて売りが殺到したのは想像に容易く
そのおかげで、安いからと買ってみる事になったのでしょう

マゾ仕様にしてくれて、ありがとう、カプコン




なんて一抹も思いませんけどね!!



そうして帰宅し、いつものように説明書を先に読みはじめ
そこから、ぼんやりとイメージを持ちつつ広げつつ
本体のフタを開けディスクを乗せ、再びフタを閉めキュルキュル音を聞きながら
しばらく放置し、いつものようにOPムービーを眺めている時に

 あれ、これスローライフじゃない・・?
 ガチアクション風なんですけど・・・

こう思ったのも、なんとなく覚えています
パッケージ画像で想像つきそうなのに


       ※OPPVイメージ図

あくまでイメージ図、イメージ
ポケットだけでソレっぽく見える、あのキャラクター性のスゴさを発見

実際のPVがコレ


で、作成したハンターが
MH2(dos)のハンター[UV-CUT]
ハンターネームの由来はその時近くにあった乳液とかクリームだとか、多分。。

コメント通り、上位に上がり火山で太古の武器を手にいれて満足していました

マスクマンは何だっけ・・思い出せない・・
・・減るもの?余計にわからん!誰か正解ぷりーず

これ、スローライフ要素なんて全くなく(そらそうや)
とにかく面倒でストレスフルなゲームでした

プレイ開始からしばらくは


なんだ、コレただのクソゲーじゃないか・・・

そう思いながら遊んでいましたし


当時はそういうモノだと割り切って遊べましたが
今、もう一度遊べと言われると首を横に振ります、それはもう激しく、何度も


例を挙げればキリがありませんので、幾つかを挙げると

 :小型モンスターの体力が高い:

初期武器だと雑魚敵を倒すだけでも数分はかかる体力
しかも無限に出現という有難くないサービス
無視しようにも攻撃力や察知、追尾能力バカみたいに高く
大型モンスターよりも雑魚敵の方が強いと冗談抜きに感じるほど

とにかくガンナーの本当の敵は小型モンスター

自身も初期装備でカニやゴリラに挑みBC送りされていました・・


  ※掴むだけならギリ掴めるイメージ図

歴代モンハン最クソモンスター候補No.1
※2013.7.10 一人のハンター調べ


 :防具の強化にモンスターの素材が必要:

それも入手困難なレア素材を要求されることも
素材集めゲーの素材集め部分がこうだと、ソロもオンも殺伐としたモノに・・

 :装飾品は取り外すと壊れる:

あろうことか防具の強化でも壊れる
じゃあ防具を最終強化すればと出来ない、上記のシステム・・

 :アイテムBOXへ送るシステムがない:

クエストクリア後はポーチの中身と入れ替え
泣く泣く手放すアイテムや素材のオンパレード

アイテム購入は自宅と売り場の往復マラソン
落し穴1購入→自宅→落し穴1購入→自宅→おとs・・・


  ※良く分からない図解

遠近法?知りません
P2からアイテムボックスへ送る、が出来たんだっけ
はじめから気付くだろ!この不便!


 :弓の操作をきちんと行うと恐ろしい持ち方になる:

移動:左アナログ
溜め:右アナログ↓
発射:右アナログ解放
狙い:R1ボタンで照準表示
   照準表示後に十字キーで狙いを定める
回避:×ボタン

この操作で溜めながら移動し、狙いを定めながらの回避は先ずムリ!

管理人は左親指で右アナログ操作、左人差し指で十字キー
右中指でR1、右親指で左アナログと回避という
もう分けのワカラナイ持ち方をしていた記憶も・・


  ※もっと良く分からない図解

右親指、人差し指でボタン操作とかしてた
どうしてこんな持ち方に。。
あと採取用の持ち方も確かあったハズ。。


・・・なんだ


やっぱりコレ、クソゲーじゃないか!



・・・これはだめです

このまま恨み辛みを言い続けると
ありえないほどの長文になりそうなで、ここいらで止めます(´・ω・`)


それでもオフは結構遊んでいました。200時間ほどかな?

トトスやディアで何度も時間切れを起こしていたり
ソロ古龍戦が正に作業で、楽しさの欠片もなかったり
農場がなく季節のシステムに左右されながら採取したり
謎のアナログスティックで攻撃などもある中で良く遊んだなーと


・・あれ
・・・結局コレ

クソゲーじゃないか!



それでも苦労しながら、ストレスを感じながらオフをクリアした時は達成感もあり
このまま終らせるのも、名残惜しい勿体ないとの思いから


そうだオンライン、やりたいなぁ


そうして初めてのオンラインゲームへ


オンラインで、特に初心者にとって最も緊張するのは
はじめて人と会話をするときだと思います

MH2ではオフラインでもチャット機能が使えたので
オンラインに向かう前に一人で練習したりしていましたし

ドンドルマの街門(ロビー)には、発売から一年以上経っているにも関わらず
それなりの人がおり、チャットログも頻繁に流れていました

そのほとんどは、酒場からのクエスト募集の呼びかけで
飛び交う専門用語の数々や略語に後ずさり
踵を返し情報の海へとネットサーフィンに向かい
幾つかの最低限必要な情報を頭に叩き込みリベンジ


  街門で立ち尽くす新人ハンターの図

とにかく略語が多く、難民状態に。。
後々、オンも大体ソロで遊ぶという悲しい事態に。。


オンラインゲームの醍醐味はコミュニケーション

PVで見た協力多人数プレイがNPCで出来ると
勝手に期待していたあのワクワク感・・!


ここで得ずに、いつ得るのか・・!!


で、【新人さんどうぞ】みたいな部屋に恐る恐る入室・・

慣れないコントローラーでのソフトウェアキーボードで一生懸命にチャット・・


「こんにちは」

(相手の挨拶待ち)

「こんにちはー」

「参加してもいいでしょうか?」

・・・

(装備、スキルなどの品定め?待機の間)

・・・

「よろしくお願いします!」

「はい、よろしくお願いします!」



ほっ



いけた・・

いけたよクック先生!!

ぼくも りっぱな ハンターに なりました



でも、この時のハンター[UV-CUT]は
場に溶け込むこと最優先な空気ハンターでした

キーボードは無く、コントローラーでのチャットのみでしたから
酒場でもROMが多く、何か聞かれれば応える、といった感じ

オフで定型文の確認ができたのですが、そのほとんどはデフォルトで
一つだけ編集していたのが・・「罠、いっきまーす!」だけでした

おそらく、精一杯の自己アピールが罠設置のタイミングだったのでしょう
現在だと「マタタビチャーンス!」やら、色々無駄口ばかり叩いていますが><

そういったものでしたので、今から考えると損をしていたなーと
なのでMH2ではフレンドもおらず、野良のみ素材効率優先ばかりでしたしね

それから三ヶ月ほど、オフと同じく200時間ほどオンラインをゆっくり楽しみましたが
上位(オンライン)のみのモンスターとはほとんど遊ばずで

ラージャンはソロで数戦。そして全敗

イャンガルルガはマルチで1戦。ほぼ逃げ回りながら、それっきり

シェンガオレンはマルチだと色々怖い、ソロで行く。とソロクリア1戦

錆クシャもイベント期間中に数戦のみ

ミラボレアスに至っては姿すら見ずでした

上位に上がってからもソロが多く
特に火山へ行けるようになってからはソロで採掘ばかりに
それから太古武器を手に入れ、オフで無双を楽しむといった事も

それもこれも
全てはクソゲーだったからです


重ね重ねありがとう、カプコン

こんなクソゲーを作ってくれて

おかげさまで、モンハンを遊ぶきっかけになりましたから

でも二度と、このゲームでは遊びません



もし、これを見て奇特にも興味を持たれた方がおりましたら、是非遊んでみて下さい

後悔だけは、約束します

遊んで良かった、とはきっと言えません

なんでこんな事をしているんだろう
とゲームで遊ぶ行為そのものへ疑問が生じますから

ね?素敵なゲームでしょう!



ホント、オフだけでもよくクリアしたわ、コレ( ´・ω・`;;)



一つの記事で過去作全て載せようと思ったら、また内容が長く・・

ま、また個人的に過去作を記録ついでに紹介してみます><


PR